そこはかとなく生きていれば

アートとデザインと人生とサブカル探訪。

仕事を辞めた後:失業保険の受給

 

f:id:aruking33:20110226143617j:plain

 

アルバイトであっても、1年以上雇用保険をかけて、雇用先に雇われていたら失業保険を受けられます。もちろん、就職をする意思と健康な体があってのことなのですが。 

 

〜仕事をやめてからの流れ〜

 

離職票が会社から送られる

離職票雇用保険被保険者証・身分証明書・印鑑・証明写真(3×2.5)←

履歴書用の証明写真にくっついてくる小さい方の写真を持って、

お近くのハローワークへ(印鑑、証明写真はなくても、大丈夫な場合も)

③色々と紙に自分のことを書いたり、どういう職につきたいのか、など説明や書類をもろもろやって、終わりです。ハロワが空いてれば1、2時間程度でさっと終わります。

④あとは、待機期間7日間は何もしない。ゆっくり骨休めよう。その後の初回説明会へは必ず参加。そこで、おおまかに失業手当を受給するには、の説明を受けて終わり。

 

 

自己都合で辞めたとなると、3ヶ月の給付制限になり、3ヶ月間は失業保険がもらえません。

 

契約期間満了や、会社都合で辞めた場合は、すぐに失業保険が降ります。ただ、就職活動をすることが前提です。

 

わたしは、給付制限の間に、3ヶ月間の短期のアルバイトをしようと思いハローワークに行って、アルバイトをする旨を伝えると、その間はいったん就職扱いで、3ヶ月後に失業保険がすぐに受けられるものでした。

 

ただ、そのアルバイトは事情がいろいろあり、すぐに辞めましたが。

 

給付制限の期間、お金がないっ!っていう方は、短期のアルバイトをオススメします。

週20時間以上働くとなると、就職した扱いになります。

 

週20時間以内であれば、認定日の日に出す紙に、申告すればOKだそう。

 

ようは、週20時間以上、1ヶ月を超える雇用になると、雇用保険を必然的にかける必要があるため、就職した、ということになります。

 

       〜失業保険を受けながらアルバイトをするには〜

・週20時間以内(週19時間までOK)

・1日4時間以内であれば、そのまま失業保険は全額出る

 

1日に4時間を超えるアルバイトをしたとしても、1ヶ月以上の雇用ではなく単発ならOK 。ただ、前職の日額の賃金の80%より多く稼いだ場合は、支給額がその日だけ後回しになるか、減給かどちらかになるそうです。

 

詳しくはこちらをご参考ください。

camatome.com

 

3ヶ月後アルバイトをしたあとは、すぐに失業保険が降りるそうなので、ハローワークで受給資格を受けて、仕事を始める前日に、ハローワークに行って、手続きをすれば、3ヶ月後にまた、認定日に行くのか、忘れてしまいましたが、失業手当がもらえるそう。

 

もしも給付制限中に、短期アルバイトをするならば

〜流れとしてはこんな感じ〜

1. ハローワークに失業保険を受ける手続きを

2.給付制限期間中にアルバイトを週20時間以上、短期で働く場合は、

ハローワーク始業日前日に報告へ

3.3ヶ月間のアルバイトが終わったら、報告へ

4.これでおそらく、認定日に書類を出しに行くのか?失業手当が出るはずです。 

 

アルバイトを辞めたあとも、ハローワークに辞めた旨を伝えに行きました。すぐ辞めたので、ものすごい気まずかったですが、そこは役員の方が淡々と作業してくれました。

 

参考になれば幸いです。あと、職業訓練として、お金の給付を受けながら受けれる、通えるスクールもあります。

 

私もweb関係の職業訓練を受けようと思いましたが、タダでスクールが通える分、交通費が自腹で、期間も確か6ヶ月間?と長かったのがネックでした。

(札幌市で受けるときはこのような形でしたが、市によって、通所手当やもろもろが

出るかどうかは、変わってくるようです。)