そこはかとなく生きていれば

アートとデザインと人生とサブカル探訪。

断捨離の効果

 

f:id:aruking33:20171118121211j:plain

 

f:id:aruking33:20120720145957j:plain

 

実家に帰ってから、ごちゃっとした家の中に包まれて

無性に全てを片付けたくなり、自分の部屋も物置化してたのを

さらに、クローゼットの中も片付けました。

 

クローゼットの中は、なんとなしか片付けたな、と思ってたのが、大学に行ってた

時の書類がぐっちゃぐっちゃ。

 

あ〜。これは、片付けなければ。と、ほとんど書類関係はばっさり処分。

捨てたことによって、分かったことは以下。

 

  ・過去にしがみついてた自分がいたこと

  ・自分の頑張りを認めることが出来なかったのが、

   自分なりに一生懸命やっていたこと

 

 ・過去の栄光の自分にすがって、前に進まずに謙虚に振る舞えなかった自分。

・前に進めなかった自分を後悔して、過去の自分を認めれなかった自分。

2つの相半する自分が居たことが判明。その2つの感情を流すことによって

新たな自分と向き合って、前に進むことができそうです。

 

要約すると、

    成長せずにそこに留まってしまった自分(ポジティブに前進しない)

                 ⇅

頑張ってた自分を振り返らずに、自分を責めていた自分(ネガティブに前進しない)

 

     この2つの欲求感情を振り返って、その感情をうまく受け流し、

    (この感情がわかっただけでも、大分前に前進できる気がします。)

 

 頑張ってた自分を振り返り、それを生かす。それが一番大事なんだと思います。

 

           クローゼットの片付け方の極意としては

3分の1の空きスペースは作ることだそうです。棚や、引き出しもそうですが、少し空きスペースを作ることによって、新しい風が、入ってくるそう。

 

   そして、余裕を持つことで、自分にも余裕が生まれる。好循環ですね。

 

私は、服は飛行機に機内荷物として持っていける、スーツケース1ケース半ぐらいしか

服は持ってません。なので、クローゼットにいらない服がごっそりあるってことは

無いです。

 

いろんなところを転々として住んでいるため、一番荷物になるのが、服です。

それなりに、小綺麗に、おしゃれに見える、そして長持ちするように着ます。

 

ただ、一時本当に、引っ越しまでの時間が無く、服を捨てまくって後悔したことがあります。今は、大事なものや、捨てたく無いものは捨てずに、何でもかんでも捨てるのはやめよう、と心得ました。

 

けども、なんだか荷物が多くなってしまうことがあるんですよね。

やっぱり、何かに執着してしまってるんだろうか?とも思います。

 

ここ数年で処分して後悔してるもの:

iphone5s秋葉原で4000円で売る。今思えばsimフリーにして使えば良かった

と後悔・・・)

・冷えとり靴下 (良い靴下だから高いんですよね。。)

・冬用のコート類

 

どれも高いものばかり。まぁ後悔してもしょうがないので、新しいものを買えばいいさ。と、なんとかなるさ〜精神で。

 

あとは、やっぱり年間の無駄な出費を考えると

スマホを落として、保証に入ってなかったため(格安SIMなため)

もう一度、スマホを買いなおしたこと。 (約2万)

 ・ネットでの決済で間違って、高くついたこと(約2万)

 

これだけで、およそ4万ぐらい無駄に出費してます。これも勉強料だったって、

思うことにしてます。

 

断捨離も大切ですが、ほどほど精神で楽しく生きる方が大切かもしれない。

 

余分なものを持たないことで、人間関係もスッと気楽に、イライラしなくなったのも

事実ですね。 

 

           こんまりさんの、断捨離術で言えば、

     「ときめくか、ときめかないか」

    私も、捨てるか捨てまいか困ったときに、それを持つことによって

    「ときめくかな?ときめかないか!?」

        感情に素直になって、自分の本心に導かせます。

 

 あと、実家に帰ってきてあった本が、こちら。

 

おそらく、こんまりさんよりも大分前に出版されてる本ですが、風水も取り入れてあって面白いです。溜まった書類を整理しないと、新しい情報が入ってこないとか。

 

一番衝撃だったのは、家がごみだらけの親元で育った子供は、その子の人生が上手くいかない、と書いてあったこと。

 

ギクリとしました、、家帰ってから、キッチンも居間も大分私が掃除しましたが、、

ははは。苦笑するしかない。親には、健康的な精神と身体で生きていてほしいというのが切なる私の願いですが、、どうなんでしょう。

 

そんな感じで参考になりましたら、幸いです。