そこはかとなく生きていれば

アートとデザインと人生とサブカル探訪。

フリーターは辛いから違う道を探そう

 

f:id:aruking33:20171111143802j:plain

 

 

なぜアルバイトしかやってこなかったか

 私は、29年間生きてきて、アルバイトの経験しかありません。

23で大学を中退してからは、ずっと一人暮らし生活でアルバイトだけで

自分を賄ってました。(いや、どうしても食うのに困った時はやっぱり親に

支援してもらったこともありましたよ、、)

 

いろいろと訳あって、いや、私、こんな不眠不休生活で仕事してたら

死ぬ!

とあっさり住み込みの仕事を辞め、成田空港で一夜を明かし、

早朝の飛行機で実家へ帰り、最近3ヶ月居候してました。

 

居候と言うのも、何年も住んでない家に、家事や洗濯は私がやるね。

ってな具合で、税金などの支払いでお金が吹っ飛んでしまった分

家賃出せない分、実家にお世話になることに。

 

冒頭が長くなりましたが、話は脱線し・・

 

いわゆる、美術大学を行った自分は、ろくな作品も作れてないのに

なんか絵描きながら〜アルバイトしながら〜ゆるく生きていきたいみたいな

テンションだったと思います。

 

また、海外の学校だったため、ろくに努力もしてないくせに

オレは人とは違う作品作れるんだぜ!ウホッ

みたいな頭に、なにお前、お花を刺してんねん、みたいなところがありました。

 

ずっとやってきたサービス業(主にレジ打ち、接客)

そんな中、やってきた 仕事は、ほとんどがサービス業。

アルバイトってカタカナを聞いただけで、あれ、ちょっま、社員より責任ないし

わりと楽に稼げるのかな。的な。

 

な の で す が

 

サービス業に限ってはそんなことない気がします。

週に5日、社会保険のつく会社で働いてきました。

 

上の管轄のデスクワークの人間が、いる最中、

現場で働く自分たちは、大量に来るお客さんを大量にさばく。

 

「事件は会議室で起こってるんじゃない!

現場で起きてるんだ!」

引用:踊る大捜査線

 

いや、こんなこと、何度経験したかわかりません。

泥作業。大量のレジ打ち、大量の客さばき。

 

いわゆるリゾートバイトで旅館で働いていた時は残業をしまくって、稼いでた時も

ありました。

 

追い詰められて行く性分

私の性格なのか、泥を塗る仕事ばかり任せられてきて、そのたんびに、追い詰められてしまう。

 

うちのおかん曰く:

「あんたがハイハイ言って何でも仕事こなすからそうなるんだよ」

 

うっ、図星です・・・お母さん

 

 

アルバイトとして待ち受ける試練

 ・お客様を大量にさばく作業はきつい。3Kに入るんじゃないか。

・ほぼほぼ毎日同じことの繰り返しで、マンネリ化する

・学生の多いバイトだと、フリーターで責任持ってやってても、ギャップが生まれる

・正社員、契約社員のやる気の無さに幻滅する

 

給料がずっと変わらない辛さ

アルバイトの職場を何度か、練り歩いてきた身として、人間関係が一番やっかいなもの。

 

人間関係で悩むのは、一番の要因が、新しく入った子に仕事を教えても同じ時給。その子に自分なり誠意を持って教えても、教えづらい子も。そこで、自分が苦しくなるんです。どうしてだろう?と自分と相手を同じ目線で考えてしまって、前に進まない。

 

そして、社員、契約社員に指示される仕事に、お前も一緒に仕事しろよ!と言いたくなる反骨精神。

 

人間関係の次にまどろっこしいのが、仕事を任されていくのに給料は一切増えない、ボーナス無し、ときつい待遇が待っている。

 

わたしは、なんども、この状況をどういう風に打破していけばいいんだろう、そう何度も自問自答繰り返し、果てには、正社員や契約社員を攻め立て、反逆で攻め立てられ、死にたくなる、ところまで落ちた時も。

 

全ては自分が作り出したもの 

 過去の自分も、今の自分も全ては自分が作り出した現象。

そう全て、自分が作り出した、周りのせいにしてるのは、自分。

 

もちろん、待遇面や周りの人の環境もある。

 

でも、それ以前に、

自分が本当にやりたくて、楽しくて、ワクワクして

やってることなんだろうか?

 

  労働時間や環境は守られた環境で仕事をするべきだ、と思います。

人間、ちゃんと寝てちゃんと食べないと、良い仕事はできないと思います。

 

その上で、楽しい!と思える仕事をすることが一番だと、思いました。

 

楽しいことがお金に繋がるかどうか

ただ、楽しいと思えることがお金に繋がるかどうかは、

結局のところ

  • 自分をマネージメントする力
  • 自分をプロモーションできる力
  • 楽しいことを毎日継続するだけの力
  • 自分の得意、好きを生かす力
  • 好きをするだけの知識を吸収していく力
  • その知識を生かしてアウトプットしていく力
  • 周りの人とギブアンドテイクで繋げていく力

 

が必要だとは思います。 ただ、お金を稼ぐために生きるのは、一番辛い。自分がやりたくない仕事はしない、仕事を選ぶ必要性もある。

 

でも、こんなに論理的に考えなくても、素直に自分の好きなこと、やりたいことをやればおのずと、お金は付いてくるのかなもしれない。

 

自分で書いてて、上の7つは明らかに自分に足りないところだ。と自分でも思う。ブログを書いて、自分を知ることができるのも、自分をマネージメントできる力に入ると思います。とりあえず、私はこのブログを毎日書き続けていきたいと思います。

 

あの有名な、イケダハヤトさんの記事が一番参考になりました。

 

まとめ

以上、私のような、分かりやすく労働搾取されてる側の人間の話でした。 おそらく、私のような人間はかなり居るんじゃないかなと感じます。これからは、会社に属する時代ではなく、個人で生きる時代になって行くんじゃないかな、と思います。そんな感じで2018年に向けてやっていこうと思います。