sokoiki.com

日常生活の些細なログ。

就職活動の相談電話で泣いた話

 

 

悩みすぎて、電話相談で電話する

こんにちは。arukingです。

 

ここ数週間ほど、顎の調子が悪くて、家でブログを必死に書いてみようと必死になってました。

 

その間、就活をしてなかったのですが、ようやく、リクナビNEXTに再登録し直して、ブライダル写真の面接が来月してもらえることになった。

 

ただ、正社員の求人を今のところ探してるのですが、毎回正社員の求人に応募するたんびに、あ〜、長く続けられるかわからない。社畜になりたくない!と後ろ向きになってしまう。

 

あまりにも考えすぎて、リクナビでの履歴書の記入に手が止まってしまった。

 

もうダメだ、一人でグルングルン悩んでても、らちがあかない。そうだ、就職相談電話に電話してみよう。

 

厚生労働省 : おしごとアドバイザー / 電話・メール相談からはじまる仕事探し

 

電話相談で泣く

 

電話しました。

電話対応してくれた男性の言葉に泣いてしまいました。

 

言われた言葉:

・あなたは、真面目すぎる

・すごく純粋すぎる

なんか、他にもそう言った言葉を言われた気がするけど忘れてしまった。

 

①そこの会社で働くために、嘘をついてまで「働きたいです」と毎回言いながら、本心は「働きたいと思えない」と思いながら、面接を受けてることにすごく矛盾を感じる(私)

 

-みんな、矛盾しながら社会の中で生きてる。現実と期待の中で、期待通りに行かないこともたくさんある。だから、生きるために、お金を稼ぐために働くと言う意思で就職活動して見たら良いと思うよ。(男性)

 

→みんな同じ思いをしてる、と言う発想が持てなかった。私の場合、30目前にして、相談できる友達がいなくなってしまったのもあって、1人で悩んでしまってた。(私)

 

 

②海外の大学にまで行った自分が、フリーランスとしてやりたかったことが、それができない現状に、周りのフリーランスとしてやってる人を見て、死ぬほど羨ましく思う(私)

 

-じゃあ、海外の大学まで行った人全員がフリーランスとしてやってますか?東京芸大まで行った人みんなが、フリーランスになってますか?(男性)

 

→なんて、自分は、視野が狭いんだろうと思った。海外の大学に行った自分が一体なんだって言うんだろう?私が大学に行った時も、フリーランスとしてやってる人は現実少なかった。

 

-あなたは、まだ若いから、いつでもフリーランスになれるチャンスはある。会社で働いて、プライベートの時間で写真の賞に送って、そっからでも良いと思う(男性)

 

→親元離れて生きている以上、会社にどこか属さないと、不安定な生活は最初からはできない。写真を作るだけでもお金が居る以上、会社に属した方が自分にとって良いと感じた。

 

③私がしきりに、私が一番、写真を撮ってる時が一番、充足感を感じる、だから撮り続けたいと言ってたことに関しても

 

-きっとあなたは、何かを持ってるんだね(男性)

 

→そう言われた瞬間、何か救われたような気がした

 

④最近、お金に困って、良からぬところに足を踏み込んでしまった。それにもう一歩踏み出してしまったら、もう戻れない気がする。こんな自分をどうしたら良いんだろう(私)

 

-私は、あなたの人生を決めるようなことは言えないし、先生でも何でも無いから、良いとも悪いとも言えない。ただ、あなたが「やってよかった」って思える人生を歩むのが一番。あなたの人生の価値観を大事にした方がいい。

 

→それは、やってよかったって思えるようなことじゃなかった。精神的な消耗がかなり多かった。自分はなんて安い人間なんだろう、と感じることが多かった。やめた。

 

ここまで、私の話を聞いてくれて、真摯に対応してくれた男性に感謝の気持ちしかない。

 

就職活動は楽しんでやるのが良い

最後に、いろんな会社を見て、面接に行って、その様子を楽しんだら良い。そう言われて、自分が楽しむ気持ちよりも、会社で働くことのネガティブな気持ちの方が大きくなってしまっていた自分がいた。

 

私の場合、アルバイトでしか人生で働いたことがないため、正社員の待遇や優遇面はものすごく、プラスだ。

 

かつ、アルバイトでやってきて、人から見たら、底辺の底辺がやるような仕事ばっかりやってきたのも、事実。清掃から始まって、大量の客さばきから、クレーム対応まで何から何までやってきたのも事実。

 

その反面、アルバイト生活が疲れすぎて、制作活動もままならなかったのも事実。

 

おわり

今日、ハローワークの就職セミナーに行ってきて、 今は、売り手市場で正社員でも良い求人が見つかる割合が高いらしい。

 

妥協せずに、自分が納得の行くところで仕事がしたい、そう感じた最近でした。

 

ちょっとお堅い内容になってしまったので、

 

 

f:id:aruking33:20170923150630j:plain

 

アルパカさんのお顔でアディオス。

テキトーにガンバロ。