sokoiki.com

日常生活の些細なログ。

自分を信じ抜くということ

最近、なんだかよくわからずに、感極まって泣いた唄があった。

 

有名な、平原綾香さんの「Jupiter」

 

マツコデラックスの番組に出てたことをきっかけで、

もう一度、Jupiterを聞いたら、感極まって涙が止まらなくなった。

 

特にこの歌詞の部分に、心に響くものがあったのか、泣けてしまった。

”夢を失うよりも 悲しいことは 自分を信じてあげられないこと”

 

21歳の時に、森山大道さんのトークイベントに行ったことがあった。

 

森山さんの著書に、

 

とにかく、自分を信じ切って、信じて信じて、写真を撮り続けて、そうしたら、写真のフィルムと現像代は、なんとかなる生活になって来た。と言うような、本を見たことがあった。

 

どの本か忘れてしまった。

 

犬の記憶 (河出文庫)

犬の記憶 (河出文庫)

 

 

どんな環境でも、どんなところでも、どんな時でも、自分との闘いで、自分を信じきれなかった自分がいることの方が、辛いし、悲しい。

 

だから、自分を信じる