sokoiki.com

日常生活の些細なログ。

東京って怖いとこでもあるよねって話。

みなさんこんばんは。

 

今日はなんとなく、私が4年住んでた東京について書こうと思います。

 

手相を見ますで、宗教の勧誘らしきものに会う

 

私は小さい頃から大人しく見られるせいか、

しょっちゅう、宗教の勧誘に会ってきました。

ここ2年ぐらいは無くなったんで、外見がいかつくなった?からでしょうかw

(髪をブリーチして色を入れたせいなのか。)

 

今住んでる、京都自体があまり見かけない、と言うのもあるのかもしれません。

 

19の時。

 

渋谷の雑踏を歩いてました。

 

何歳ぐらいのおばさんだろう?

40代?

普通の主婦のような感じ。手相を見ますで、なんとなく見てもらうw

 

「あなた良い線してるわね〜」

「芸術のセンスあるわよ」

みたいなのを言われた気がします。

 

すると、もう一人女性が出てきました。

なんか色々話した気します。

 

自分の名前とか職業を書く紙を出されて、

それに書いた気します。

 

「私たちの先生が居て、その先生の方がちゃんと見てもらえるから

先生のところに行きませんか?って言われる。

 

いや、もうめんどくさ、と思って、

「課題あるんで」

と言って、終わり。

 

ネットで調べると、統一教会の入信の手口らしいですね。

 

怖いわ。と言うか、そもそも手相見る、って言われて、

引っかかる自分も自分だわ。w

 

今でも覚えてるけど、その女性2人組の顔が

生きた心地のある顔じゃなかった気する。

 

真っ白で、目自体が、光がない。

おそらく、他人の生き血を吸って生きてるからだと思う。

(生き血=邪心でお金を無心してる感覚)

 

英会話教室の勧誘にしつこく勧誘され、断りの電話を入れると逆ギレ

 

新宿の雑踏を歩いてた。

27の時。

 

若い男性がティッシュを確か配ってた?かな。

ティッシュ欲しいなって思って、もらったw

 

なんて言うんだろうか、こう言う手口の人って

ずっと目を見てくるんだよね。それが手口。

 

小さくて、なんとも言えない、男性だった。

寒い風が吹いてる時で、その人はバーバリー?のマフラーを

してるのが印象的だった。

 

私が写真をやってる、と言うと、「僕のお兄さんも日芸出身で

アシスタントやってる」とか「パリで写真のコンペで

素人でもその場に写真を置いて、審査してくれるのがあるよ」

とかおそらく、それらの情報は本当だったとは、思う。

 

しきりに「英会話教室にはいりませんか?」と言う勧誘だったけど。

 

その人自身は、和太鼓教室で、教えてるとか言ってたけど。

なんで、そんなよくわかんない、営業やってるのか知らんけど。

 

立ち話も20分ぐらいは?した気がする。

 

私が新宿に来た理由は、中古のカメラが欲しかったから。

 

もともと、英会話スクール行かなくても、過去に海外に

住んでたことから、別に英会話スクールに通いたい気持ちなんてなかった。

 

しきりに、「見学に来ませんか?」ってのが、結構しつこかった気がする。

 

私が、ちょっとカメラ買うんで、そのあとで、良いですか、と言うと

「じゃあ、予約が必要なんで、この時間に来てください」

とよく分かんない、名刺?と時間指定の書いてあった紙を

もらった。

 

カメラ買った後、そんな英会話スクールの見学に行くなんて

死ぬほどめんどくさくなった。

 

帰ろうと思って、電車に乗る間際に、

見学の予約キャンセルの電話をしたw

 

「は!?なんでですか!?おかしいんじゃないですか!?」

みたいにブチぎられるw

 

やっぱ、その人もなんて言うか、人を騙してるみたいな顔はしてた。

 

僕ジャニーズの櫻井くんに似てるんですってよく言われますって言う電話

 

25、6ぐらいの時、なんかの電話がかかって来た。

 

なんだったか、忘れたwなんかよく分かんない、勧誘の電話だった気する。

適当な話してた。

すると「僕、よくジャニーズの櫻井くんに似てるって言われるんですよ〜」

みたいなのは言ってたのだけ覚えてるw

 

野菜書いませんか?によく遭遇してた

 

24〜26まで、東京は中野のアパートに住んでた。

 

ピンポーンと、出ると、「野菜買いませんか?」と、若い男性が

何回か、来てた。

 

私がそのアパートの住んでた通りに、よく「野菜買いませんか?」と

男性が居た。

 

一回、チラ見して、すんごい高かったのを覚えてる。買ったことない。

その通りに、おっちゃんが安く野菜を売ってたから、そこではよく買ってた。

 

貧乏人には縁がないw

 

ネット回線の営業

 

どんな男性だったかすらも覚えてない。

中野のアパートでピンポーンが鳴って、出ると

「ネット回線はいりませんか〜」の電話。

「いりません。」

終わり。

 

ウォーターサーバーの営業電話

 

東京とは関係ない、京都での話。

 

一回、そのウォーターサーバー関係の何かに登録したのか

忘れたけど、営業電話が来た時があった。

 

真面目にウォーターサーバーあったら、良いかなと思って

検討します、って電話切ってから、そのあとも二回ぐらい電話があった。

しつこい。

 

某大手習い事系スクールで、やめると言うと、なぜか説教

 

これも、東京ではないけど、20歳の時、ちょっとした

大手の習い事系スクールで、adobeソフトをちょっと習ってる時があった。

 

2ヶ月?も行かないうちに、やめた。

お金を結構払ってたから、行かない分の支払いが返ってくることになった。

 

そしたら、「ここでやめてどうするんですか!?」みたいな

逆ギレを受ける。

 

今考えたら、おかしいし、今だったら、反逆する。

 

その当時、おかんに話したら、「その人のもらえるお給料が少なくなるのよ」

みたいなことを言ってた。

 

だけど、それを20歳の人間に言うのも、どうかなって

今考えたら思う。

 

そこのスクールは、先生からの手厚い恩恵を受けれるところではなく、

そこのスクールカウンセラー?(逆ギレの人)の人が

手厚く話は聞いてくれるけど、そんなの、なりたい職業についてる人の

話でもなんでもないから、最初っから、変。

 

授業料もバカ高いし。

 

と言うか、そう言うところってものすごい、高い。

そう言うところは、本当に選んだほうがいい。

 

東京の話に限らず、仕事でもなんでもないのに、

理不尽なことを受けた話でした。

 

終わり。

 

※小さい頃から言われてるように、知らない人に

ついてくのはやめましょう。